消費税請求の注意点

最近特に注目を集めている消費税ですが、請求書などを作成する際にもこれから非常に注意が必要になってきます。もちろん最も注意しなければならないのが短期間でめまぐるしく変動する消費税率です。特に消費税率が切り替わるタイミングで非常に煩雑な請求書処理が必要となります。それでなくても消費税関連の請求は面倒なことが多いのです。また消費税に関する勘違いなども多いことも問題でしょう。消費税を消費者から事業者を仲介して国に収めているという考え方が一般的ですが、これも勘違いの1つなのです。確かに消費者が支払った消費税は一旦企業などが預かりますが、それをそのまま国に支払うことはありません。そこから事業による経費などを引いた額を国に支払うのであり、国に全額収めると言うことはないのです。また、規模が一定以下の事業者には消費税を免税する制度もあります。この免税事業者で良くある勘違いで、非常に大きな損失となる可能性のある問題が免税事業者が消費税を請求できるかと言うことでしょう。消費税を免税されるのだから請求できないというある意味自然な考えがここでは通用しません。免税事業者でも消費税は当たり前のように請求できます。つまり免税事業者にとって消費税を請求しないのは大損になると言うことです。これからますます消費税率が高くなる中、こうした複雑な消費税制度をきちんと理解し、請求などで上手く付き合うことが全事業者に求められていることなのです。

【関連HP】
board – 請求書、見積書、発注書作成発行